[イラストレーター]でチェック!! …Adobe Illustratorでチェックしてください
[フォトショップ]でチェック!! …Adobe Photoshopでチェックしてください
 
データ入稿の注意事項 チェックシート
 
■使用アプリケーションとバージョン
Adobe Illustratorのバージョンは、7.0J〜CS3で作成している [イラストレーター]でチェック!!
Adobe Photoshopのバージョンは、5.5J〜CS3で作成している [フォトショップ]でチェック!!
 
■データのチェック
文字は、すべて、アウトライン化されている [イラストレーター]でチェック!!
孤立点(余分な点)は、すべて削除している [イラストレーター]でチェック!!
印刷に関係ないものは、すべて削除している [イラストレーター]でチェック!![フォトショップ]でチェック!!
配置した画像は、すべて「埋め込み」している [イラストレーター]でチェック!!
名刺サイズ(91mm×55mm)と切り絵を想定して作ってある [イラストレーター]でチェック!![フォトショップ]でチェック!!
データは1色(単色100%・白色)で作成している [イラストレーター]でチェック!![フォトショップ]でチェック!!
網点1網点2網点や、グラデーショングラデーションは、使うことができません。
背景は無地である。 [イラストレーター]でチェック!![フォトショップ]でチェック!!
ファイルのカラーモードはグレースケールCMYKである [イラストレーター]でチェック!![フォトショップ]でチェック!!
特色(スポットカラー)は使用していない [イラストレーター]でチェック!!
使って良い プロセスカラー←右下に白の三角・中に黒い点(・)がないもの(プロセスカラーと言います)
使えない 特色←右下に白の三角、中に黒い点(・)があるもの(スポットカラーと言います)
画像解像度は、350dpi400dpiを設定している [イラストレーター]でチェック!![フォトショップ]でチェック!!
72dpiは不可。解像度が足りない場合、印刷画質が劣化します。
※350dpi・400dppiを超える高解像度は、PCの動作速度落ちたり、作業効率が悪くなるだけで、印刷結果に影響はありません。
フォトショップ画像の保存形式は、Photoshop EPS形式である [フォトショップ]でチェック!!
画像は「Photoshop EPS」形式で保存してください。
(手順1)Photoshopのファイルを開き、「別名で保存」を押し、形式は「Photoshop EPS」を選択。
(手順2)保存ボタンを押すと、「EPSオプション」という画面が表示されます。
(手順3)その中の「エンコーディング」欄で、「JPEG最高画質(低圧縮率)」を選択して保存してください。
※JPEG最高画質(低圧縮率)を選択すると、画質の劣化を最小限に抑えながら、容量を軽くすることができます。
※印刷結果に影響はありませんので、二次的作業をしない限りは作業効率を上げるために「最高画質」をおすすめします。
入稿データはIllustratorの「.ai」「.eps」の形式である [イラストレーター]でチェック!!
当社に入稿するデータは、必ずAI形式かEPS形式で、作業元のファイルとは「別名で保存」してください。
文字をアウトライン化する前のデータは削除せず保管しておくと、以降の修正・加筆がしやすく、おすすめです。
データの圧縮をしている (推奨圧縮ソフト/Drop Stuft・LHA・Zip)
見本を同封している
当社でデータチェックをする時の参考にしますので、JPEG形式に書き出した画像を同封してください。
CD-Rなどのメディアを郵送してのご入稿の場合は、プリントアウトした紙を1枚同封していただければ、JPEG画像はなくても構いません。(※なお、メディアは返却いたしません)



[イラストレーター]でチェック!! …Adobe Illustratorでチェックしてください
[フォトショップ]でチェック!! …Adobe Photoshopでチェックしてください